• 血糖値が高くならないように腹八分目を心がける
  • 血糖値を気を付ける必要があると健康診断で言われたので痩せるようダイエットを始めた
  • 肉類やあぶっらこい食べ物を控えてた

など、様々な理由で将来糖尿病にならないようにと気をつける方は少なくありません。

糖尿病は生活習慣病の代表的な病気と言っていいと思います。

その、糖尿病が実は腸内フローラととても密接な関係ということをご存知でしょうか?

なぜ私たちは糖尿病になってしまうのか、糖尿病が実は腸内フローラととても密接な関係にあるのかを今回の記事で解説していきます。

糖尿病になるメカニズム

糖尿病には1型糖尿病と2型腸尿病の2種類あります。

1型糖尿病は、血統の量をコントロールするインスリンを作っている膵臓の細胞が壊れることで起きる病気です。

なぜ、膵臓の細胞が壊れてしまうかは、遺伝やウイルス感染とも言われていますが原因ははっきりと解明されていません。

一方の2型糖尿秒は、遺伝や高カロリー、肥満、高脂肪の食べ物の食べ過ぎ、運動不足によって、血液の血糖値が正常の数値より高くなることで起きる病気です。

日本ではこの2型糖尿病になる人が多いです。

腸内細菌のバランスが悪くなるとインスリンの分泌がおかしくなる

日本で多い2型糖尿病ですが、どのように腸内フローラと関係しているのか?

解説をしていきます。

医学博士の星野 直美氏が書いた『病気がどんどんよくなる「腸の掃除」のやり方』という本の中で、糖尿病患者は高脂肪の食品が腸内細菌のバランスを狂わせ、有害物質を出していること、また本来腸内しか生息しない最近が漏れ出ていることが研究でわかったと記載しています。

そして、星野 直美氏は高脂肪食は糖尿病の症状を引き起こす1つの事実と述べています。

つまり、糖尿病になる可能性の人は高脂肪食を食べ続けたことによって腸内環境を悪化してしまい、糖尿病になる原因を引き起こしてしまう可能性があるということです。

なので、糖尿病予防の為に腸を綺麗にする必要があると星野 直美氏は言っているのですが本当に腸内環境を整えることが尿病の予防になるのか、他の専門家の意見も探してみました。

それについて、『腸が変われば人生が変わる驚異の腸内フローラ』の著者で医師の田中 保郎氏も書籍の中で腸内環境を改善して善玉菌を優位にすれば、2型糖尿病に伴う炎症を抑制し、インスリン抵抗性を改善できるようになるかもしれないと述べていました。

そして、田中 保郎氏は2型糖尿病の患者は腸内フローラのバランスの乱れやすいという実験結果が出ていると話しています。

星野 直美氏や田中 保郎氏の言うように腸内環境を良くすることは、糖尿病予防の一役を担うことになると言えそうです。

腸内フローラのバランスの乱れによって糖尿病のような慢性的な炎症が起こりえるので、充分に気をつけていきたいところです。

まとめ

今回はなぜ私たちは糖尿病になってしまうのか、糖尿病が腸内フローラと密接な関係にあることについて解説をしました。

腸内フローラの乱れが糖尿病の原因を作りだしている可能性があることについて、少しでもお役に立つことができましたら幸いです。

カイテキオリゴは、悪化した腸内環境を整えることができるオリゴ糖成分がふんだんに使われていてその効果は現役のお医者さんも推薦して安全あるオリゴ糖食品です。

これを血糖値が気になる方はこの機会にカイテキオリゴで腸内フローラの乱れを改善することを検討してみてはいかがでしょうか。