カイテキオリゴは基本的に飲み物や食べ物など何に混ぜて飲んでもかまいません。

今回は、カイテキオリゴと相性の良いスープレシピを紹介します。

 

1白いいんげん豆のミネストローネ

食物繊維の量が抜群に多い白いいんげん豆とオリゴ糖の相性はとても良いです。

材料【2人分】

白いいんげん豆(ゆでた物)…80g

トマト…小1個

タマネギ…4分の1個

ニンジン、セロリ…各5ぶんの1本

キャベツ…小2枚

にんにくのみじん切り…1かけ分

ローリエ…2ぶんの1本

トマトジュース(食塩無添加)…4ぶんの3カップ

砂糖…小さじ3ぶんの1

塩…小さじ8ぶんの1

こしょう…少々

サラダ油…大さじ2ぶんの1

作り方
1…トマト、タマネギ、セロリ、キャベツを1cm角に切る。

2…なべに油を熱し、1で切ったトマト以外の野菜、にんにくを入れてしんなりするまで炒める。いんげん豆、トマトを加えて炒め合わせ、油がなじんだら湯1カップ、ローリエを加え、ふたをして15分ほど煮る。

3…トマトジュースを加えてきっと煮だて、砂糖、塩、こしょうを加えて調味する

 

ニンジンとジャガイモのミルクポタージュ

根菜も食物繊維にオリゴ糖を加えることで相性よく善玉菌を元気にすることができます。

材料【2人分】

ニンジン…4ぶんの1本

ジャガイモ…1個

タマネギ…4ぶんの1個

固形スープ(チキン)…2ぶんの1個

水…3ぶんの2個

牛乳…1カップ

塩、こしょう…各適量

バター…5g

作り方
1…ニンジン、ジャガイモ、タマネギを薄切りにする

2…なべにバターをとかして1で薄切りにした野菜を炒め、しんなりしたら固形スープと水を加える。煮立ったらふたをずらしてのせ、弱火で10分ほど煮て火を止める。

3…2の野菜をへらやすりこ木などでつぶす。牛乳を加えて再び火にかけ、煮立つ直前に火を止める。味をみて足りなければ塩、こしょうで調味する。

 

切干大根とわかめのみそ汁

切干大根の食物繊維は生の大根の16倍あると言われており、そこにオリゴ糖をプラスすることで善玉菌を相乗効果で元気にします。

材料【4人分】

切干大根…10g

わかめ(もどしたもの)…40g

長ねぎ…4ぶんの1本

だし…4カップ

みそ…大さじ3

作り方
1…切干大根を水につけてもどし、長いものは食べやすく切る。わかめは一口大に切る。長ねぎは1cm厚さの小口切りにする。

2…なべにだし、切干大根を入れて強火にかけ、煮立ったらわかめ。長ねぎを加える。みそをとき入れ、ひと煮立ちさせる

 

豆とレタスのスープ

豆には紫外線や微生物から生物を守る為に協力な抗酸化物質があり、そこにオリゴ糖を加えることで善玉菌活性化と共に美肌効果が見込めます。

材料【1人分】

枝豆(さやつき)、インゲン豆…合わせて150g

レタス、タマネギ。キャベツ…合わせて150g

水…900ml

1…枝豆は、さやごと2~3分ゆでてから豆を取り出す。インゲン豆は、ひと口大に切る。タマネギは。皮をむきひと口大に切る。タマネギは、皮をむきひと口大に切る。レタス、キャベツは、ひと口大に切る。

2…鍋に1の野菜と水を入れ、ふたをして火にかける。沸騰する直前に火を弱め約30分、野菜から柔らかくなるまで煮る

3…ポタージュにして飲む場合は、2のスープが冷めてからミキサーかハンドレッダーで攪拌・粉砕する

 

ミルク入り野菜スープ

野菜の力で活性酸素を抑え、食物繊維とオリゴ糖の相乗効果で善玉菌を元気にします。

材料【1人分】

タマネギ、ニンジン、キャベツ、カボチャ…合わせて300g

水…700ml

作り方
1…タマネギの皮をむきひと口大に切る。ニンジンはかわごとひと口大に切る。キャベツはひと口大に切る。カボチャは種を取り除き、皮ごとひと口大に切る。

2…鍋に1の野菜と水を入れ火にかける。沸騰する寸前に火を弱め30分、野菜が柔らかくなるまでふたをして煮る。

3…野菜が柔らかくなったら牛乳、よく洗って皮ごとすり下ろしたジャガイモを加え、鍋底を混ぜながらふつふつと沸いてとろみがつくまで弱火で加熱する。

4…ポタージュにする場合は、スープが覚めてからミキサーかハンドブレンダ―で攪拌・粉砕する

 

以上の5つのカイテキオリゴと相性の良いスープレシピを紹介しました。

4つ目と5つ目に紹介した野菜スープのレシピは、熊本大学の名誉教授でもある前田浩氏と料理研究家の古澤靖子氏の共書『最強の野菜スープ活用レシピ』で紹介されていたのですが、この野菜スープで1日3回スッキリできるようになり中性脂肪の数値が正常になった例があると紹介されています。

 

善玉菌を元気にすることは、スッキリするだけでなく健康全体に繋がることなので、是非とも健康な腸でいて欲しく思います。

 

参考文献

前田浩 古澤靖子『最強の野菜スープ活用レシピ』マキノ出版