管理人のしょうすけです。

花粉の季節になると

✔目のかゆみが止まらなくて目が真っ赤になる

✔鼻水が止まらない

✔くしゃみが止まらない

✔カラダ全体がだるくなる

といった症状になる方が増えてきます。

 

毎年、花粉症の症状になるという方は早めに病院で適切な治療をされることが好ましいです。

 

しかし、自分でも花粉症にならないようにケアや対策が必要となってきます。

・外出時にはマスクや帽子をするようにする

・帰宅時には家に入る前に花粉をはたき落とす

・家の中をこまめに掃除をする

などの花粉対策があります。

しかし花粉症と腸内環境には密接な関係があり、腸内環境を整えることが花粉症の根本を改善することにつながります。

そこで、今回は腸内環境を改善することが花粉症や食物アレルギーなどアレルギー対策に繋がることについて解説をしていきます。

 

東京歯科大学名誉教授の藤田 絋一郎氏著書は著書『腸内革命』の中で、「免疫細胞の70%がつくっている」と述べており、腸内細菌が減少すると花粉症や喘息、アトピー性皮膚炎に繋がると記載しています。

つまり、体内の腸内細菌が少ないと免疫力が低下してしまい、花粉症などのアレルギー症状を招くリスクが高ますrということです。

そもそも、花粉症はどのように起きるのでしょうか?

花粉(アレルゲン)が私たちの体内に入ってくると体内の免疫機能が花粉(アレルゲン)を倒そうと『IgE抗体』という物質が体内にできます。

そして、IgE抗体の量が一定量を超えるとくしゃみや鼻水を引き起こしやすくなります。

 

また、先ほど紹介した藤田 絋一郎氏の別の著書『大人のアレルギーは腸で治す』で花粉症の人は果物や野菜などの食物アレルギーにもなりやすいことが明らかになったと述べています。

なぜ花粉症や食物アレルギーが起きてしまうのかというと、悪玉菌の増加で、腸の新陳代謝がうまくいかずにいると腸に細かな穴があいてしまうことが原因です。

この腸に細かな穴があいてしまう状態をリーキーガット症候群と言い、腸に穴が空くとアレルギーを引き起こしやすくなります。

腸に穴があくと、目に見えないような小さなアレルギーの元となる物質を、免疫細胞が『異物がきた!』と判断するからです。

なので、このような花粉症をはじめとするアレルギーや食物アレルギーを防ぐ、予防するには腸に穴が空かないようにすること、ことがとても重要です。

 

このアレルギー症状を引き起こす原因がさきほど記載したように、体内の腸内細菌が減ってしまったことで免疫のバランスが崩れてしまったことによるものです。

 

このようなアレルギー疾患を防ぐには免疫力を高めるほかありません。

 

その為に、腸内環境を健康な状態を維持することが大切なのです。

 

腸内環境が悪化する原因は、抗生物質や食品添加物、化学物質など、腸を痛めつけるような物質を頻繁に腸に入れることです。

絶対に取らないことは難しいので、そのような物を口にしたときに腸に良いものを同時に摂取することを心がけることが大切なので気をつけて欲しく思います。

 

そして、体内の減ってしまった腸内細菌を増やすためには、まずカラダを温めることです。

藤田 絋一郎氏は著書『腸内革命』の中でも、カラダを温めるほど腸内細菌が増えると語っているのですが、抗生物質や食品添加物、化学物質など、腸を痛めつけるような物質も腸内細菌を減らす原因なのですが、低体温であることも腸内を減らす原因です。

体温が低いとカラダの代謝が落ちます。

カラダの代謝が落ちると、免疫細胞の活性化も低下します。

昔から「冷えは万病のもと」と言いますが、体の冷えは疲労や体のむくみなどを招き、慢性的な体調不良も招きかねません。

免疫力を低下させることで、非常に病気になりやすい状態に陥ってしまうことを頭のかたすみにでも記憶にとどめて欲しく思います。

 

そのような自分の体温にも気をつけながら私はカイテキオリゴを摂り続けて腸の働きを良くするようにしています。

私は花粉症のアレルギーは大丈夫でしたが、かつて蕁麻疹で全身痒みで苦しんだ時期があり、同時に便秘の症状も続いていました。

ですが、便秘が解消されてから、穴が空いた腸も塞がれてきたのか全身の痒みも収まるようになりました。

 

どうか花粉症などのアレルギー症状は腸の健康状態と、とても密接な関係であることを忘れずに健康な状態でいて欲しく思います。

今回は、今回は腸内環境を改善することが花粉症や食物アレルギーなどアレルギー対策に繋がり、私の使っているカイテキオリゴもアレルギー改善に役に立っているという紹介でした。

最後まで読んで頂きありがとうございます。