今回はカイテキオリゴと、はぐくみオリゴの比較について紹介していきます。

 

カイテキオリゴとはぐくみオリゴの原材料の比較からしていきます。

カイテキオリゴの原材料は

カイテキオリゴ
カイテキオリゴ原材料
6種類のオリゴ糖
ラフィノース、ミルクオリゴ糖、乳糖、環状オリゴ糖、フラクトオリゴ糖、イソマルトオリゴ糖

2種類の食物繊維
アカシア食物繊維、難消化性デキストリン

砂糖
ショ糖

 

一方のはぐくみオリゴの原材料は

はぐくみオリゴ
はぐくみオリゴ原材料
5種類のオリゴ糖
乳糖果糖オリゴ糖、ガラクトオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、キシロオリゴ糖、ラフィノース

3種類の乳酸菌
ナノ型乳酸菌、ビフィズス菌、KT-11乳酸菌

カイテキオリゴはどちらも数種類使用されており、ラフィノースとフラクトオリゴ糖が共通して使われています。

しかし、それ以外のオリゴ糖の種類は、カイテキオリゴとはぐくみオリゴ一部違うオリゴ糖が使われています。

カイテキオリゴ⇒ミルクオリゴ糖・乳糖・環状オリゴ糖・イソマルトオリゴ糖

はぐくみオリゴ⇒乳糖果糖オリゴ糖・ガラクトオリゴ糖・キシロオリゴ糖

カイテキオリゴの方が1種類多くオリゴ糖が使用されています。

 

また、カイテキオリゴにはオリゴ糖と同じく善玉菌を元気にしていく要素を持っている2種類の食物繊維が含まれていますが、はぐくみオリゴには含まれていません。

 

そして、カイテキオリゴとはぐくみオリゴの最大の特徴の違いですが、はぐくみオリゴには1兆2000億個の乳酸菌が使われています。

乳酸菌も善玉菌を元気にする為の大切な菌です。

オリゴ糖と乳酸菌のダブルの効果でスッキリできるというわけですね。

 

では、オリゴ糖と乳酸菌が両方入っている方がよりスッキリできるのか?というと、私の場合はそれほど違いはないように思いました。

善玉菌の数がどれだけいるか個人差はありますし。やはり様々なオリゴ糖を試して自分に合ったオリゴ糖を見つけることが大切のように思います。

 

続いて、カイテキオリゴとはぐくみオリゴの品質ついて紹介します。

カイテキオリゴは、2012・2013・2014・2015・2016・2017・2018年と7年連続でモンドセレクション金賞を受賞し、世界的に品質が認めれられています。

またモンドセレクションだけでなく、NPO法人日本サプリメント評議会から安心・安全評価製品として承認されており、第3者検査機関で放射性物質含有量の検査を受け基準値をクリアしています。

 

一方のはぐくみオリゴというと、2016年度にモンドセレクション金賞を受賞しています。

 

品質を保たれているのはわかっだけど、赤ちゃんはスッキリできるのでしょうか?

赤ちゃんがなかなかスッキリしないと悩むママは多いのではないでしょうか。

そんな赤ちゃんがスッキリしてくれると嬉しいですよね。

カイテキオリゴとはぐくみオリゴは、はたして赤ちゃんでもスッキリできるのか迫っていきます。

カイテキオリゴとはぐくみオリゴ糖とも、無添加で赤ちゃんが口に入れても大丈夫なようにつくわれています。

カイテキオリゴとはぐくみオリゴのそれぞれのスッキリすることができたという口コミを見つけましたので紹介します。

カイテキオリゴの口コミ

うちの娘は、赤ちゃんの時からなかなか自然にスッキリすることができませんでした。

それが原因なのか、5歳になってもトイレにいくことが嫌いになり、
おむつに履き替えることがしょっちゅうでした。

しかし、『カイテキオリゴ』を続けて1ヵ月が過ぎた頃、
1週間に1~2回だったのが、毎日スッキリできるようになり、
「これなら行けるかも!」と思い、
再び、トイレトレーニング開始!

すると、何と2日目で、
あっさりとトイレでできてしまったのです。

3歳ごろから、ずーっと悩み続けてきた私にとっては、
感動で、涙が止まりませんでした。

娘も、これで自信がついたようです。

本当にありがとうございました!

カイテキオリゴ体験談フォーラムより引用

※個人の感想です

 

はぐくみオリゴの口コミ

娘は飲んだ次の日から3回もドッサリ♪

あんなに苦しんでいたのに、喜んでいる娘をみるたびに、はぐくみプラスさんには感謝しています。

ありがとう。

 

はぐくみオリゴの公式販売ページより引用

※個人の感想です。

カイテキオリゴとはぐくみオリゴ、どちらも赤ちゃんはスッキリできるようです。

 

続いて、1日の使用量について違いがあるか比較をしていきます。

カイテキオリゴは大人であれば1日5gを推奨されていますが、

~6カ月…0.5g

6ヵ月~1歳未満…1g

1歳以上…2~3g

と上記の目安量を推奨しています。

 

はぐくみオリゴは、大人は5g~10gを目安に。

子どもは、2g~3gが目安

赤ちゃんが、1gを目安に使用することを推奨しています。

 

カイテキオリゴの方が1日の使用量が少ないです。

 

カイテキオリゴとはぐくみオリゴのそれぞれのアレルギーは大丈夫なのか、比較をしていきます。

カイテキオリゴを飲んでアレルギーの心配はないか?と疑問に持つ方がおられるかと思います。

そこで、カイテキオリゴの販売元である北の達人コーポレーションに問い合わせてみました。

すると以下のような返信が返ってきたので、一部抜粋します。

この度は、『カイテキオリゴ』につきまして
お問合わせをいただき、ありがとうございます。
早速ではございますが、お問合わせ内容についてご案内いたします。

『カイテキオリゴ』には、アレルゲンであるタンパク質含量は、
「ほとんど含まれない数値」となっており、
アトピーやアレルギー症状の発症の原因になってしまうことは、
考えにくいものでございます。ご安心くださいませ。

カイテキオリゴ問い合わせの返答より引用

カイテキオリゴを使用してもアレルゲンとなるタンパク質の量が限りなく数値が低いので、アレルギーの症状は安心して良さそうです。

しかし、どうしても気になられる方は年の為にお医者さんに相談されることをすすめます。

 

一方はぐくみオリゴのアレルギーの心配はどうでしょうか?

はぐくみオリゴの公式ページのQ&Aに

私達は、お客様が安心して商品をご利用いただくため、アレルギー検査も定期的に行なっております。 今回の検査も検出せずの証明書を取得しました。安心してご愛飲ください。(https://www.hugkumiplus.net/qa/images/origo_altest.pdf

はぐくみオリゴ公式ページのQ&Aより引用

と記載されており、こちらも安心して使えますが、はぐくみオリゴも乳糖が使われているので、牛乳アレルギーが気になる方は掛かりつけのお医者さんに相談されるようにしてください。

 

カイテキオリゴとはぐくみオリゴの価格について紹介をします。

カイテキオリゴの通常価格が3,065円(税込)

毎月1個届くお試しコース…2,759円(税込)

3ヵ月毎に3個届く3ヵ月毎お届け基本コース…2,605円(税込)

1ヵ月の使用個数×12ヵ月分の年間コース…2,452円円(税込)

です。

3ヵ月毎お届け基本コースと年間コースを選んで購入した場合は、用保存ボトルが付いてきます。

 

一方のははぐくみオリゴの価格は

通常価格が3,680円(税込)

毎月お届けコース…初回購入1,840円(税込)、2回目からは2,944円(税込)となります。

 

カイテキオリゴの通常価格が、3,065円(税込)

はぐくみオリゴの通常価格が3,680円(税込)

なので通等価格は600円ほどカイテキオリゴの方が安いです。

 

定期コースに関しては、カイテキオリゴを一番安く購入したい場合、年間購入コースが商品1個あたり2,452円(税込)で613円安く買うことができますが、3ヶ月毎×4回分のお届けが終わるまで解約できません。

基本コースについても3ヶ月毎×3回分のお届けが終わるまで解約できません。

その変わり、お試しコースはいつでも解約できるので、初めてカイテキオリゴを購入する場合は「お試しコース」を使ってお得に購入するのがおススメです。

 

はぐくみオリゴは、カイテキオリゴと違い、定期的コースは毎月1個届けられる1種類のみです。

しかし、定期コースを申し込むと初回が半額の1,840円と通常より半額の値段で購入ができます。

2回目以降は、2,944円(税込)でいつでも解約することが可能です。

 

カイテキオリゴとはぐくみオリゴの全額返金保証制度の違いについても調べました。

カイテキオリゴとはぐくみオリゴには、万が一使ってスッキリできなかった方の為に、全額返金保証の制度があります。

しかし、それぞれの返金対象となる日程が違うので紹介します。

カイテキオリゴの場合、届いてから25日以内であれば、商品を使い切った場合でも1個分の商品の金額がすべて戻ってきます。

一方のはぐくみオリゴの場合は、届いて90日以内であれば、商品を使い切った場合でも1個分の商品の金額がすべて戻り、はぐくみオリゴの方がカイテキオリゴよりも返金保証の期間が長いです。

 

以上。カイテキオリゴとはぐくみオリゴの違いについてまとめてみました。

私個人は、どちらがスッキリできたかという違いは特に感じなかったです。

なので、どちらがよりスッキリできるとは断言できません。

どちらの商品もオリゴ糖食品であってクスリではないのでスッキリできるか・できないは個人差があります。

そして私たちの善玉菌の数も人によってそれぞれ違います。

どれが自分の体に合うのかを、見極めて欲しく思います。