1. TOP
  2. カイテキオリゴで便秘解消をすることで冬のお通じトラブルに備えよう!

カイテキオリゴで便秘解消をすることで冬のお通じトラブルに備えよう!

2018/09/16 カイテキオリゴの効果を検証
この記事は約 5 分で読めます。

しょうすけです。

秋になってだんだん空気が乾燥しやすくなる季節に突然便秘になったという経験はありませんか?

もしくは冬の肌寒い季節に突然便秘になってお腹が苦しくなった経験など大丈夫ですか?

 

秋の空気が乾燥する季節や冬のような肌寒い季節は便秘になりやすい季節ですので気を付ける必要があります。

 

何故なら、夏から秋にかけに暑く感じていたのが急に肌寒く感じることで自律神経が乱れやすくなり、腸の活動が鈍るからです。

冬も秋の季節同様に肌寒く感じ自律神経が乱れやすく、さらに寒いと家にこもりがちになるので腸の動きも鈍るようになり秋と比べて更に便秘を引き起こす可能性があります。

そして、秋は食欲の秋とも言い栗やサンマなど秋の定番食品がお店で見かけるようになりついつい食欲増加傾向になりやすくなりますし、寒いからおうちで鍋をするとか冬の定番ですよね。

ハロウィンやクリスマス、忘年会などのイベントごとも多くなることでしょう。

つい食べ過ぎてしまったという経験をする方は多いですが、食べ過ぎも胃腸を乱れやすくさせる原因になります。

このように、
・秋・冬は自律神経が乱れやすくなる季節
・様々なイベントごとが増えて飲み食いが多くなる傾向にある

といった腸内環境を悪くする原因が重なり合う季節でもあるので気を付けておくべきでしょう。

 

もし、便秘を招いてしまった場合に以下のような体調不良を引き起こす可能性があります。

 

■ニキビや皮膚炎などの肌トラブル

現役の医者で田中 保郎氏の著書『驚異の腸内フローラ』で解説されているのですが、腸内環境が悪いとニキビや皮膚炎といった肌トラブルを引き起こす可能性があります。

腸内環境が悪化することで、体内には腸に炎症を起こす悪玉菌という有害物質が増えていきます。

体内に増えた悪玉菌たちは大腸から毛細血管を通じて吸収され、全身に有害物質が蔓延するようになります。

そして肌の組織が悪玉菌のおかげで多大なダメージを受け、ニキビ、乾燥肌、シワ、シミが出てくるようになります。

化粧品やサプリメントで一時的には肌トラブルを軽減できるかもしれませんが。腸内環境が悪い状態だと腸の不調がカラダ全体の代謝を妨げる原因となります。

ですので、肌に直接良いものを取り入れてもうなく効果を発揮することができません。

 

■メンタルトラブル

神経科医のデイビッド・パールマター著書の『腸の力であなたが変わる』の中で、腸の機能不全とうつ病リスクの関係を示す研究では、炎症のレベルが高いほどうつ病発症リスクが急上昇すると解説されています。

つまり、腸内環境が悪化していればしているほど、うつ病になりやすいということです。

 

■免疫力が低下して風邪やインフルエンザなど感染症などを起きやすくなる

私たちが健康を維持できているのは私たちの体内にいる細菌たちがばい菌を退治してくれているからです。

しかし、加齢や、睡眠具足、栄養不足などが原因で免疫力が低下し体内の細菌たちが弱ってしまい、風邪やインフルエンザといった病気を引き起こす原因を作りだしてしまいます。

腸内環境の悪化も同様に免疫力低下を招く原因となります。

 

このような体調不良を起こしやすくなるので、腸の健康には気をつけておく必要があります。

 

では、どうすれば腸の健康を保つことができるのか?
それは、食物繊維を摂ることです。

食物繊維の有効性は松生クリニック院長で松生 恒夫氏著書の『腸がよろこぶ食物性乳酸菌』で解説されているのですが、主に3つの効果があります。

■腸内環境の改善

食物繊維には、体内の乳酸菌やビフィズス菌といった善玉菌を増やす効果があります。

善玉菌が増えることで腸内環境を荒らす悪玉菌が減り結果的に腸内環境が改善されます。

 

■食欲を抑える

ラーメンやパスタ、丼ものなど高脂肪の食べものは悪玉菌のエサとなり、過剰に摂りすぎると腸内環境が悪化し悪玉菌の数も増加します。

悪玉菌の増加と共に、ついポテトチップスをあけてしまう、気が付いたらカップらメーンに湯を注いでしまっている

という風にどんどん脂っこいものや糖質がたっぷり入ったお菓子などを食べたくなるようになります。

体内には脂肪が分解しきれずに体重が増加し、ご飯を食べたにも関わらずに食欲が沸いて食べることがやめれないという悪循環を防がなければなりません。

食物繊維を摂取することで腸内環境が整えられるので善玉菌が優位に働き、短鎖脂肪酸という脂肪の蓄積を減らしてくれる物質が体内につくられるようになります。

 

■血糖値の上昇を防ぐ

糖尿病ネットワークという医療サイトに、食物繊維を多くとると2型糖尿病や肥満のリスクを下げられるという欧州糖尿病学会(EASD)が発行する医学誌「Diabetologia」に発表されことが記載されています。

腸内の改善が血糖値の改善にもつながり、結果的に長寿へと結びつくということです。

 

■免疫力アップ

食物繊維は腸内環境を改善する効果があることは先ほど紹介しましたが、結果的に腸が健康になることで免疫力が高まることになります。

免疫力が高まることで、体外から体内に侵入した細菌やウイルスなどの病原体を体内の細菌たちがやっつけてくれることで病気になることを防ぎます。

 

以上、秋から冬にかけて便秘になりやすい季節なので気をつけて頂きたく、予防策について紹介をさせて頂きました。

私が活用しているカイテキオリゴは食物繊維はもちろん、善玉菌を増やすオリゴ糖が成分に入っていますので無理なく便秘をスッキリさせたい方にはおススメです。

この機会に一度カイテキオリゴをお試しされてみてはいかがでしょうか。

\ SNSでシェアしよう! /

カイテキオリゴの口コミ。腸内環境は本当に改善出来るの?の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

カイテキオリゴの口コミ。腸内環境は本当に改善出来るの?の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

しょうすけ

しょうすけ

このサイトの管理人のしょうすけです。ずっと便秘や腸内環境悪化による皮膚炎に悩まされていましたが、カイテキオリゴと出会ってから便秘や皮膚炎の悩みから解放されて、気分も快適になりました。このブログではカイテキオリゴの魅力を一人でも多く伝えたいと思っています。

この人が書いた記事

  • 便秘を改善するオリゴ糖を徹底解説

    カイテキオリゴで便秘解消!便秘を改善するオリゴ糖を解説!

  • 便秘で危ない5つの害

    カイテキオリゴで便秘解消!便秘で危ない5つの害

  • オリゴ糖を摂取していると停滞期がやってくる?!

    カイテキオリゴ効果なし?知っておきたい腸内環境停滞期

  • 腸内改善でヤセ菌を増やそう

    カイテキオリゴで善玉菌増加。腸内改善でヤセ菌を増やそう

関連記事

  • NO IMAGE

    カイテキオリゴで糖質制限。ダイエット成功の秘訣とは?

  • NO IMAGE

    カイテキオリゴで便秘解消!誰もが誤解している間違った便秘改善方法もこれで安心!

  • NO IMAGE

    カイテキオリゴは効果ない。SIBOの可能性を知る

  • 便秘で危ない5つの害

    カイテキオリゴで便秘解消!便秘で危ない5つの害

  • 腸の働きを良くしよう

    カイテキオリゴが効果なし?大腸の働きを良くしよう

  • NO IMAGE

    カイテキオリゴで善玉菌を増やしてセロトニンも増やそう