カイテキオリゴVSビートオリゴ糖

今回はカイテキオリゴとビートオリゴ糖の比較について紹介をしていきます。

まずはカイテキオリゴとビートオリゴ糖の成分の紹介をしていきます。

カイテキオリゴの成分
6種類のオリゴ糖
ラフィノース、ミルクオリゴ糖、乳糖、環状オリゴ糖、フラクトオリゴ糖、イソマルトオリゴ糖

2種類の食物繊維
アカシア食物繊維、難消化性デキストリン

砂糖
ショ糖

 

一方のビートオリゴ糖は

ビートオリゴ糖の成分
オリゴ糖
ラフィノース

砂糖
ショ糖

カイテキオリゴは6種類のオリゴ糖が原材料として使用されています。

ビートオリゴ糖の成分は、ラフィノースの1種類のみです。

またカイテキオリゴには食物繊維が含まれていますが、ビートオリゴ糖には含まれていません。

オリゴ糖の種類はカイテキオリゴの方が多いです。

私たちのカラダの中にいる善玉菌は、ビフィズス菌だけでも30種類以上あると言われています。

そして善玉菌たちはオリゴ糖が大好物なのですが、それぞれの菌によって好きなオリゴ糖の種類が違います。

つまりラフィノースは嫌いだけど、フラクトオリゴ糖は好き。

逆にフラクトオリゴ糖は嫌いだけど、ラフィノースは好き。

様々です。

カイテキオリゴであれば一度で様々なオリゴ糖を摂取することが可能です。

 

続いてカイテキオリゴとビートオリゴ糖のカロリーの違いに迫ります。

カイテキオリゴのカロリーは、100gあたり210kal

ビートオリゴ糖は100gあたり172kal

少しカイテキオリゴの方が高いです。

しかし、カイテキオリゴの1日の摂取量は5gでカロリーにすると10.5kalです。

約ご飯一口くらいのカロリーなのでカイテキオリゴのせいで太ったということは考えにくいので安心して良いかと思います。

 

飲み方の違いはあるか紹介をします。

カイテキオリゴは、コーヒーや紅茶など様々な飲み物と一緒に混ぜて飲むことができますし料理全般にも使えます。

そして、ビートオリゴ糖も飲み物全般はもちろん、カイテキオリゴのように料理全般に使えるので飲み方には違いがありませんでした。

 

アレルギーの可能性について紹介をします。

カイテキオリゴでは

『カイテキオリゴ』には、アレルゲンであるタンパク質含量は、
「ほとんど含まれない数値」となっており、
アトピーやアレルギー症状の発症の原因になってしまうことは、
考えにくいものでございます。ご安心くださいませ。

販売元の北の達人コーポレーションのメールを引用

と販売元にアレルギーは大丈夫か問い合わせてみたところ以上の返信が返ってきました。

 

そして、ビートオリゴ糖のアレルギーに関しては

本品に含まれるアレルギー物質(27品目中):無
※本製品の製造ラインでは、大豆、小麦、乳、豚肉、バナナ、リンゴ、ゼラチンを含む製品を製造しています。

と販売ページに記載されておりました。

どちらも、アレルギーの心配はないかと思います。

ただし、牛乳由来のオリゴ糖もカイテキオリゴには使われているので気になられる方は一度かかりつけのお医者様にご相談されると、より安心してカイテキオリゴを摂取できると思います。

 

続いてカイテキオリゴとビートオリゴ糖の品質について比較をしていきます。

カイテキオリゴは、モンドセレクション金賞を7年連続で受賞し、品質は世界水準の品質を保っていると認められています。

また、NPO法人である『日本サプリメント評議会』より安心・安全製品として承認されております。

 

一方のビートオリゴ糖は

【ポジティブリスト適合品】
こちらの商品は、当該制度に適合していることを保証しており、分析においても適合を確認しております。
※ポジティブリスト制とは、基準が設定されていない農薬等が一定量以上含まれる食品の流通を原則禁止する制度。こちらの商品は、当該制度に適合していることを保証しており、分析においても適合を確認しております。

と販売ページに記載に記載されており、残留農薬の心配なしに安心して摂取することができます。

 

これだけ比較してきたカイテキオリゴとビートオリゴ糖ですが値段はいったい幾らなのか?

気になりますよね。

それぞれの値段について紹介をしていきます。

カイテキオリゴは150gで通常価格が3065円(税込)です。

ビートオリゴ糖は200gで1190円(税込)です。

カイテキオリゴの方が約3倍近く値段は高いです。

 

しかし、カイテキオリゴにはビートオリゴ糖にはない3種類の定期コースが用意されており、定期購入をすると最大558円お得に購入することが可能です。

 

また、ビートオリゴ糖には万が一スッキリできなかったときの全額返金保証がついていませんが、カイテキオリゴには万が一スッキリできなかったときの全額返金保証がついています。

これで「もし、スッキリできなかったらどうしよう?」という心配がなく、カイテキオリゴを試すことができます。

 

今回はカイテキオリゴとビートオリゴ糖の比較を紹介しました。

参考になりましたら幸いです。