1. TOP
  2. カイテキオリゴでアトピー改善?腸内環境改善でお肌が綺麗に!

カイテキオリゴでアトピー改善?腸内環境改善でお肌が綺麗に!

2018/06/30 カイテキオリゴの効果を検証
この記事は約 9 分で読めます。
  • アトピーで自分の肌を見られたくない
  • 薬を使わずに治したいがステロイドを手放せずにいる。
  • 毎晩なぜか夜寝る前にかゆみが出て、かゆくて眠れない・・

アトピーやアレルギー性皮膚炎の方はこのようなお悩みを抱えておられるのではないでしょうか。

そこで、今回の記事ではなぜアトピーやアレルギー性皮膚炎に陥ってしまうのか?
解決するにはどうすれば良いのかという点やアトピー改善におススメアイテムであるカイテキオリゴについて紹介していきます。

 アトピーやアレルギー性皮膚炎が起きるのはあなたの腸に穴があいているからかも?!

私たちが普段食べているご飯は口に入れるとまず胃袋の中で消化され、そして小腸に入っていきます。

そして3万種で1000兆個腸の中にいると言われている腸内細菌たちが、小腸に入ってきたご飯をさらに消化して便となります。

通常腸の粘膜も正常で健全な胃腸の人であれば食べたものを正常に消化してくれるのですが、体内の腸内細菌の数が減って、腸内細菌が弱っている状態だと腸粘膜の新陳代謝がうなくいかず体内の消化吸収や解毒といった大切な役割をうまく果たせずに腸粘膜に穴があいてしまいます。

この腸粘膜に穴があいた状態のことを「リーキーガット症候群」と言います。

この「リーキーガット症候群」がおきて腸に穴があいて、アレルギーを起こす物質が体内に入りこんでしまい、これにカラダが「異物がきた!敵を倒せ!」と免疫反応が作動し、強烈なアレルギー症状が起きるのです。

では、なぜ私たちの腸に穴があいてしまうのでしょうか?

その理由を解説していきます。

理由1 抗生物質を乱用しすぎて腸内環境が悪化

誰しも一度は病院や薬局で薬を処方してもらったり購入をしたことがあるかと思います。

私もインフルエンザや、急な発熱、喉が痛くなったときなどは毎度病院や薬局で薬を購入し、活用しています。

ですが、『小腸を強くすれば病気にならない』の著者である医学博士である江田クリニックの江田 証氏や『驚異の腸内フローラ』の著者である田中 保郎氏など腸内環境に関する専門家達は、抗生物質こそ腸内環境を悪くする原因ということを述べています。

なぜなら、抗生物質は病気を治してくれるとても便利な薬に間違いはないのですが、カラダの中の悪い細菌だけではなくカラダの中の良い細菌までもやっつけてしまう作用があるからです。

その作用があるおかげで、薬を飲み続けて正常な胃腸が荒れてしまい症状が悪化してしまった事例もあります。

そして、医学博士で『腸の力であなたは変わる』の著者のデイビッド・パールマターは、生まれたばかりの子どもに抗生物質を多用すると将来的に肥満や糖尿病・神経疾患のリスクがあると本の中で紹介しています。

抗生物質は私たちが風邪や熱といった病気になった場合にはとても便利で効果を発揮してくれるものであることは間違いありません。

しかし誰もが抗生物質を飲んだだけで腸が悪くなるわけではありません。

多少なりとも抗生物質が腸内環境を悪くしている原因だということを頭の片隅にでも入れておくべきでしょう。

理由2 活性酸素が腸内環境を悪化

『大人のアレルギーは腸で治す』の著者で東京医科歯科大学の名誉教授でもある藤田 絋一郎氏や『病気がどんどんよくなる腸のおそ掃除のやり方』の著者で医学博士の星子 尚美氏は活性酸素が腸内環境を悪くしていると述べています。

活性酸素とは体内で酸素を利用し代謝が行われる過程で酸素を吸えば必ずできるものなのですが、活性酸素が触れるものはなんでも酸化させてしまうとても強い物質のことを言います。

この活性酸素が、カラダの細胞を酸化させてボロボロの状態にしてしまうのです。

『病気がどんどんよくなる腸のお掃除のやり方』によると人間は1日に約500グラムの酸素を呼吸から取り入れて約60兆ある細胞のうち約2%が活性酸素になるとされているそうです。

60兆の2%ですからかなりの数の細胞が酸化することがわかります。

そして、この活性酸素は食品の添加物・化学薬品・たばこの煙・車の排気ガス・携帯電話やパソコンの電磁波からでも大量に活性酸素を生み出してしまいます。

もちろん、だからといってこれも抗生物質と同様に誰もがアトピーになるわけではありません。

ですが今の現代社会はとても快適な生活を送ることができますが、体内の活性酸素量を増やす要因がたくさん自分達の周りにあることは知っておいた方が良さそうです。

理由3 添加物・人口甘味料の取りすぎで腸内環境が悪化

ソーセージやハムといった加工食品を日頃よく口にすることが多いと思います。

どれもとても美味しい食品なのですが、これらには数ある添加物の中の1つにコチニール色素という食品添加物が使われています。

そしてこの添加物はソーセージやハム以外にもジュースなどの清涼飲料水、お菓子、かまぼこなど様々な食品に使われています。

このような食品添加物を日常的に食すことで、蕁麻疹・アトピー・うつといった病気の症状をおこしてしまう人がいます。

食品添加物と同様に人口甘味料も同様に腸内環境が悪化しやすいので、女性の方はケーキやシュークリームといった甘い物が大好きな方が多いかと思いますが過度に口に入れることは控えたほうが良いでしょう。

蕁麻疹やアトピーを改善するには善玉菌を増やして腸の穴をふさぐことが最優先!

蕁麻疹やアトピーといったアレルギー症状を克服するには穴があいた腸をふさぐことが最優先でするべきことです。

穴があいた腸をふさぐには体内の腸内細菌の善玉菌を増やす必要があります。

ではどうすれば善玉菌を増やすことができるのか?について体内に摂取したほうが良い2つの代表的な物について解説をしていきます。

善玉菌の増やし方1 オリゴ糖を摂取する

腸を健康にする為に腸内細菌の善玉菌を増やすことが大切です。

善玉菌にビフィズス菌・乳酸菌があります。。

揚げ物やラーメンなどこってりと油沢山の高脂肪な食べ物を食べても腸内の環境が悪化してしまうのですが、体内の善玉菌を増やすことで腸内の健康は保たれます。

そのビフィズス菌・乳酸菌の大好物な養分がオリゴ糖です。

『大腸リセットで健康寿命をのばす』の著者である松生 垣夫氏が経営している松生クリニックの患者さんは乳糖果糖オリゴ糖を摂取して摂取前の期間を比べてこれまで便秘で下剤を利用していたのが改善して下剤を活用する回数が減ったと記載されている優れものです。

オリゴ糖は、キャベツや玉ねぎ、ゴボウ、トウモロコシといった野菜にも豊富に含まれています。

オリゴ糖はなかなかお通じが出ないと悩んでいる方にも有効で、腸内のビフィズス菌・乳酸菌を増やすには最適なので是非とも摂取することをおススメします。

善玉菌の増やし方2 食物繊維を摂取する

善玉菌は食物繊維のことも大好物です。

特に水溶性食物繊維と呼ばれる食物繊維が善玉菌たちのエサに最適と言われています。

水溶性食物繊維が含まれている野菜は
・らっきょう
・ケール
・大根
・ごぼう
・里芋
・じゃかいも

などが有名です。

『血流がすべて整う食べ方』の著者で漢方薬剤師の堀江 昭佳氏も著書の中で食物繊維をカラダに取り入れることでたとえ高脂肪の食事をしていたとしても食事中の食物繊維を増やすと太る成分が血流へ吸収されるのを防いでくれると紹介しています。

食物繊維はビフィズス菌・乳酸菌といった善玉菌が増えるだけではなくコレステロールの吸収や食後の血糖値を下げてくれるので、ダイエット中の方にもおススメの成分だと言えるでしょう。

そして食物繊維によって増えた善玉菌が、腸の中の粘膜を守る粘液層を増やし腸の細胞の隙間を埋めて蕁麻疹やアトピーなどのアレルギー症状を治癒させてくれます。

アトピーを改善する為にカイテキオリゴならてっとり早くオリゴ糖や食物繊維を摂取できる!

オリゴ糖や食物繊維をカラダに摂取することで善玉菌が増えて悪化してしまった腸内環境が改善できることを上記の理由からわかっていだけたかと思います。

ですが普段外食ばかりであまり野菜を取らなかったり、オリゴ糖が腸内に良いのはわかったけどどのオリゴ糖が良いのかわからない方もいるかと思います。

そこで、私が実際に使っているカイテキオリゴという商品を紹介したく思います。

このカイテキオリゴはオリゴ糖はもちろんのこと食物繊維も取ることができ、1日に1回摂取するだけですごく便秘にの方にも効果が期待できる優れものです。

カイテキオリゴは多数の芸能人も愛用経験あり!

カイテキオリゴですが芸能人の方も愛用されているので紹介していきます。

東尾理子さん


出典画像;https://ameblo.jp/riko-higashio/entry-11516778488.html

俳優の石田純一さんの奥さんで4月に第3子の出産もされた東尾理子さんも以前より愛用していたとブログで紹介されていました。

misonoさん


出典画像:https://ameblo.jp/blog-misono/entry-11258888273.html

歌手の倖田來未さんの妹でアーティストの旦那さんであるNosukeさんともラブラブ中のmisonoさんも過去のブログでカイテキオリゴのことを紹介しています。

渡辺美奈代さん


出典画像:https://lineblog.me/watanabeminayo/archives/2703980.html

元おニャン子クラブで息子さん矢島愛弥さんもテレビで活躍中で話題ですが、この渡辺美奈代さんも朝のカフェオレやたまにお料理にも入れてカイテキオリゴを利用していたと過去のブログで紹介していました。

私もカイテキオリゴのおかげで肌荒れが改善されてきました!

上記のように沢山の芸能人の方たちが自身のブログで紹介しているカイテキオリゴですが私もカラダの肌荒れがひどく、これは腸内環境が悪いからかもと思って試してみました。

カイテキオリゴ使用前

カイテキオリゴを摂取して約3ヵ月後

ニキビ跡のように跡が少し残っているのですが、カイテキオリゴを摂取する前は肌の炎症が盛り上がって沢山のブツブツができていくら塗り薬をぬっても全然改善されずに悩んでいたのが炎症で膨らんだ皮膚が改善されてへっこんできました。

お通じも便秘ぎみでコロコロとした小さな便しか出なかい日が続いていたのですがバナナ上の便が出るようになり、腸内環境が改善されていることを実感できています。

白湯やミルク、ココア、野菜ジュースなど、色んなものに混ぜてオリゴ糖を摂取することができるのでとても飲みやすく、こんなに便秘も解消されるとは思ってもいませんでした。

もちろん、カイテキオリゴ=アトピー治療薬ということではありません。

ですが、私の場合は腸内環境を整えたことによって便秘解消だけでなくお肌の調子も良くしてくれました。

もし、私と同じようにアトピーやアレルギーの皮膚炎で苦しんでいるのでしたら一度腸内環境の改善を考えてみてはいかがでしょうか。

>>カイテキオリゴはこちらから購入ができます(公式サイトに飛びます)

\ SNSでシェアしよう! /

カイテキオリゴの口コミ。腸内環境は本当に改善出来るの?の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

カイテキオリゴの口コミ。腸内環境は本当に改善出来るの?の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

しょうすけ

しょうすけ

このサイトの管理人のしょうすけです。ずっと便秘や腸内環境悪化による皮膚炎に悩まされていましたが、カイテキオリゴと出会ってから便秘や皮膚炎の悩みから解放されて、気分も快適になりました。このブログではカイテキオリゴの魅力を一人でも多く伝えたいと思っています。

この人が書いた記事

  • カイテキオリゴで便秘解消。腸を整えることでアンチエイジング

  • NO IMAGE

    カイテキオリゴで善玉菌増加。腸内改善で不安やストレス軽減

  • NO IMAGE

    カイテキオリゴで便秘解消。腸内改善で健康QOLを上げる。

  • NO IMAGE

    カイテキオリゴの効果。リーキーガット症候群を改善

関連記事

  • NO IMAGE

    カイテキオリゴで便秘解消?その前におなら体質を改善

  • NO IMAGE

    カイテキオリゴで糖質制限。ダイエット成功の秘訣とは?

  • NO IMAGE

    カイテキオリゴで便秘解消!誰もが誤解している間違った便秘改善方法もこれで安心!

  • NO IMAGE

    カイテキオリゴで糖尿病を予防できる?腸内フローラと糖尿病の密接な関係

  • NO IMAGE

    カイテキオリゴで便秘解消。腸内改善で健康QOLを上げる。

  • NO IMAGE

    カイテキオリゴで善玉菌を増やしてセロトニンも増やそう