しょうすけです。

私が活用しているカイテキオリゴは便秘解消に有効なオリゴ糖食品ですが、含まれる成分や原材料にアレルギー反応が出るか気になる方がいると思います。

「カイテキオリゴの成分においてアレルギー症状がでるものがないのか」ということを、販売元の『株式会社北の達人コーポレーション』に問い合わせてみました。

すると以下のような返答が返ってきましたのでメールの内容を引用します。

この度は、『カイテキオリゴ』につきまして
お問合わせをいただき、ありがとうございます。
早速ではございますが、お問合わせ内容についてご案内いたします。
『カイテキオリゴ』には、アレルゲンであるタンパク質含量は、
「ほとんど含まれない数値」となっており、
アトピーやアレルギー症状の発症の原因になってしまうことは、
考えにくいものでございます。ご安心くださいませ。
また、腸内には体内の免疫細胞が約6割あるとされており、
食物に含まれる細菌やアレルゲンは、この腸内の免疫細胞によって
ブロックされておりますが、免疫細胞が正しく機能するためには
腸内環境が整っていることが非常に重要でございます。
アトピーにお悩みの方の多くは、腸内の善玉菌が少ないといわれており、
腸内の免疫機能がうまくはたらくことができないために、
食物などに含まれる細菌やアレルゲンをそのまま体内に吸収してしまい、
アレルギー症状が起きてしまいます。

そのため、現在アトピーでお悩みの方や、免疫力を上げたいという方にも
『カイテキオリゴ』をお召し上がりになり、
善玉菌の多い腸内環境に整えていただくことは、とてもおすすめです。

株式会社北の達人コーポレーションの担当の方からの返信でわかるように、カイテキオリゴを摂取することでアレルギーになってしまうという心配はなさそうです。

もし、心配ならかかりつけのお医者さんにに相談をしながら、カイテキオリゴを摂取していくのが良いでしょう。

それより気を付けたいのは、担当の方が言っていますがアレルギーの原因は腸内環境の悪化が原因です。

このことは医学博士である藤田 絋一郎氏の著書『大人のアレルギーは腸で治す』の中でも、腸内環境が悪化し免疫力が下がったことでアレルギーが発症すると語っています。

腸内の環境が悪化することで善玉菌の数が減って腸の力が弱まってしまうと免疫力の低下を引き起こします。

免疫力が低下するとアレルギー疾患だけでなく、関節リマウチや潰瘍性大腸炎、クローン病などの自己免疫疾患をひき引き起こしてしまいますし、そのことは藤田 絋一郎氏も注意喚起しています。

こうした免疫力の低下によって起きる病気を防ぐには、人体最大の免疫機関とも言われている腸を鍛えて腸の健康を保つことです。

 

あなたの便は健康ですか?

便の量がバナナ3本分(約300~400g)で便の切れがさわやかで、硬さは練り歯磨きや味噌くらい、黄褐色で匂いはかすか。

これが健康的で理想の便と言われています。

この状態の便だと腸の力が強く免疫力が備わっている状態です。

腸が健康で体内に沢山の腸内細菌がいる状態だと、少ししか食べていなくても健康的な便が出ます。

 

しかし、腸内環境が悪化した状態で腸内の細菌が少ない状態だと、コロコロと小さな便しか出ずに便秘状態へと引き起こしてしまいます。

腸内環境は高脂質ばかりの食事で食生活が乱れてしまったり、睡眠不足といったことで乱れます。

腸内環境が悪化した状態が長期間続いてしまうと、腸粘膜の新陳代謝がうまくいかずに腸に穴が空いてしまうという『リーキーガット症候群』という症状に陥ってしまいます。

その結果、穴の空いてしまった腸から血液へとタンパク質といった異物が流れ込んでしまい食物アレルギーやアトピーといったアレルギー症状を引き起こしてしまうので、普段から野菜など食物繊維を食べずに食生活が乱れている人は気をつけなければなりません。

腸に合いてしまった穴を防いだり、悪化した腸内環境を改善するのに有効なのがキャベツに含まれている食物繊維や、納豆やキムになどに含まれているオリゴ糖です。

 

私の活用しているカイテキオリゴは、腸の健康を高めるのに有効で、上記でも紹介している医学博士の藤田絋一郎氏の著書『大人のアレルギーは腸で治す』の中でオリゴ糖は毎日摂取すると体内の善玉菌が1週間で2倍、2週間で2.5倍とだんだん体内の腸内細菌が増えていくと解説されています。

アレルギーの予防を考えている方や、日ごろから食生活が乱れている方にはおすすめですので検討してみてはいかがでしょうか。